スポンサーリンク

BLUE SEAL(ブルーシール)アイスクリーム

県民にはお馴染みのお店。そして沖縄ならではのお店。
それが、ブルーシール!!


ブルーシール

みんな大好きブルーシールアイスクリーム。
本土でも沖縄のアンテナショップに行けば手に入るし、沖縄好きな人ならほとんどが知ってるレベルの知名度ではないでしょうか。

そんなブルーシールアイス、フレーバーの種類が豊富でオーソドックスなバニラやチョコから、紅芋やサトウキビ、シークワァーサーといった沖縄らしいフレーバーもあってとにかく種類が豊富です。
そしてブルーシールのアイスは他と比べると味が濃厚な気がします。
それゆえ食べ終わったあと喉が渇きますが(笑)

でも美味しいからついつい食べちゃう。
食べ放題のお店でソフトクリームがブルーシールだったらちょっと得した気分になるのは僕だけでしょうか。
なので最近はブルーシールに行ってももっぱらソフトクリームばっか食べちゃうんですが。

ではそんな、ブルーシールの歴史も紐解いてみましょう。


ブルーシールの歴史

ブルーシール北谷店にて撮影

ブルーシールの歴史は1948年。沖縄に駐留する米軍関係者の為にアメリカに本社を置く「フォーモスト社」が現在のうるま市天願にある米軍基地内にパーラーを出したのが始まりと言われています。
なのでブルーシール誕生の地はうるま市だったんですね。
それから1963年に米軍基地内から現在の浦添市に拠点を移して、今もずっと県民に愛されてるっていうわけなんですね。

当時アイスクリームは高価なものだったそうなんですが、たくさんのお客さんがアイスを求めてブルーシールに足を運んだそうです。
その中でもブルーシールの定番商品「ポーラベアー」
創業当時はミント味しかなかったそうです。
僕の親父(67歳)がやたらミント味を好んで食べてて、「何で親父はこんなにミント味ばっかり食べるんだろう」って子供心ながらに思ってたんですけど(個人の勝手だけど笑)、きっと当時の”高価なミント味”の思いが残ってたんだろうなぁ。ってひとりで納得しました(笑)

店内もアメリカナイズされてて、ノスタルジックなアメリカ感を味わえます。

まさに“アメリカ生まれ沖縄育ち“のブルーシール。

ブルーシールのオススメ商品

正直オススメはたくさんあります。でもそれぞれ好みがあるので一概にこれがいいよ〜!ってのは言いにくいですけど、あえてオススメするなら「アイスケーキ」です。
これはめちゃめちゃおすすめです。

アイスでもありながらケーキでもある。そしてこのアイスケーキの中には種類が豊富なブルーシールのフレーバーの中から厳選された12種類が潜んでるです。
お得感半端なくないすか?
因みに中には

  1. バニラ
  2. チョコ
  3. トロピカルマーブル
  4. マンゴタンゴ
  5. ストロベリー
  6. ショコラクッキースワール
  7. バニラ&クッキー
  8. サンフランシスコミントチョコ
  9. 塩ちんすこう
  10. 紅イモ
  11. サトウキビ
  12. ブルーウェーブ

この12種類が入ってて、ほじくるとこのフレーバー達が中からこんにちわ〜します。
現れたらきちんと挨拶を返してあげてくださいね(挨拶は基本ですから)

でも種類が多すぎて、もはや途中で何味を食べてるのかわからなくなるけど、美味しいって事だけは脳みそがちゃんと判断してくれます。

んでこれアイスケーキなんでもちろん誕生日にこれを用意してみんなで楽しむってことができるんですが、ひとつだけ注意点があります。
溶けない様に冷凍庫で保存して、いざ誕生日を祝おうとして冷凍庫から取り出すとカチンコチンでロウソクがささらないのでご注意ください(笑)

でもご安心ください!そんな悩みを解決する世紀の大発見をしちゃいました。
これは永久保存版です。ココの部分だけでもみんなに読んで欲しい。
カチンコチンのアイスケーキにロウソクをさす画期的な方法、それは・・・少し前に冷凍庫から取り出しておく。
これにつきます(笑)

かいたひと
ゴリラ勇介

沖縄で「ゴリラコーポレーション」というコンビで芸人をやっています。
普段は漫才やコント、新聞での執筆活動、ラジオで喋るのも聴くのも好きで、ラジオ沖縄では「people wave α」という番組もやりつつ、タイムテーブルでラジオコンシェルジュを執筆しています。RBCiラジオでも「只今いきものんちゅ」という番組をやっています。

ゴリラ勇介をフォローする
沖縄の食や文化
スポンサーリンク
ゴリラ勇介をフォローする
沖縄芸人 バスガイドブログ
タイトルとURLをコピーしました