スポンサーリンク

県総の海にある島・・

県総合運動公園のオートキャンプ場側の海にポツンとたたずむ島。通称「とうふ島」
満潮の時は島の1mぐらいまで海に浸かってるんですけど、こうやって潮が引くと島までの道が現れるんです。

自分が学生の時からとうふ島、とうふ島って呼ばれてたのでとうふ島と思ってたんですけど、高校を卒業して友達とドライブに行こうと何気なく地図(当時はグーグルマップとかもなかったので、普通に一冊の本になってるやつ)を見ると、このとうふ島のところに「イルカ島」と書いてました。
なので、正式な名前は「イルカ島」らしいです。

じゃあなぜとうふ島なのか?

実はこの島、硬いもので削ると割と簡単に削ることができるんですよ。
そこからとうふ島って呼ばれるようになったと言う人もいます。

で、その島の特徴を活かした密かに地元で言い伝えられてた噂が
「この島のどこかに好きな人と自分の名前を掘ると両思いになる」です。

いかにも学生が好きそうな噂話でしょ?(笑)

こんな類の噂話は沖縄に色々ありますからね〜。
他には「北谷の観覧車にカップルで乗ると別れる」とか(笑)
僕は観覧車に当時付き合ってた彼女と乗りましたけど、それが今の妻なんで、噂は噂です(笑)

さ、話を戻しましてとうふ島。

とうふ島の噂は「名前を掘ると両思いになる」
当時 友達が好きな人の名前をこぞって掘ってましたよ。みんなことごとく振られてましたけど(笑)

今日も島に近づいてお父さんの方が懐かしむように島をさわやーさわやーして離れていく親子がいましたし、学生は登ったりしてる人もいるのかな?
でも・・・

「大変危険ですので近づかないでください」
との事なので、ダメですよ!!

島に登って降りられなくなって、通りすがりのおじさんに助けられた女子高生の話も聞いたことあるので(笑)


最後に、県総の海でとイルカとクジラを見ることができました。
それがこちらですで。イルカ島と、そのはるか後ろに小さく映り込む中城モールのクジラ(笑)


※クジラはかなり小さいです。見えるかな?(笑)

かいたひと
ゴリラ勇介

沖縄で「ゴリラコーポレーション」というコンビで芸人をやっています。
普段は漫才やコント、新聞での執筆活動、ラジオで喋るのも聴くのも好きで、ラジオ沖縄では「people wave α」という番組もやりつつ、タイムテーブルでラジオコンシェルジュを執筆しています。RBCiラジオでも「只今いきものんちゅ」という番組をやっています。

ゴリラ勇介をフォローする
沖縄の自然
スポンサーリンク
ゴリラ勇介をフォローする
沖縄芸人 バスガイドブログ
タイトルとURLをコピーしました