スポンサーリンク

那覇新都心という場所


大きな商業施設だったり、色んな会社やマンションもあってものすごく発展した新都心。
「新都心に住んでる」なんて言われると「ジンむっちゃ〜やっさ〜」なんて僕は勝手に思ったりもするんですが、この新都心地区は、元々米軍基地だったのです。

新都心がまだ米軍基地だった頃


正確には牧港住宅地区(ハウジングエリア)としてキャンプキンザー(浦添)の軍人向けの住宅やその家族の為の学校などがありました。

地元に住んでる知り合いのおじさんの話では、基地の中に住んでるアメリカーの子供と金網越しにしっちーケンカしてたって言ってました。
「こっちが手作りのパチンコで攻撃したら、向こうはでっかいパチンコ持ってきて反撃してくる。汚いばーよあったー!」って40年以上経った今でも物凄い熱量で教えてくれましたけど、先に攻撃してるのはおじさんです(笑)

その牧港住宅地区は1975年から部分的に返還されて、1987年に全ての土地が返還されました。
僕が小学校低学年の頃(1990年代前半)に返還されたばかりの新都心に来た木の下大サーカスを見に行った覚えがあるんですけど、その時はまだ周りにはほとんど何もない泥びっちゃーの場所だった記憶があります。
その地元に住んでる知り合いのおじさんは、返還されたばかりの新都心でオフロードのバイクを乗り回してたって言ってました。
・・・話を聞く相手間違ったかもしれん(笑)

新都心から大量の不発弾


新都心で有名な話と言えば、“シュガーローフ“じゃないでしょうか。


新都心の安里配水地公園辺りは、元々は慶良間チージと呼ばれる丘陵地帯でした。
慶良間が見えるチージ(頂き)で“慶良間チージ“

沖縄戦の際、首里城の地下に置かれた日本軍の第32軍司令部を目指す米軍を阻止する為に日本軍が陣地を築いた場所で、日本軍は“すりばち丘“、米軍は“シュガーローフ“と呼びました。

このシュガーローフでの戦闘は、1日のうちに4度も頂上の争奪戦がくりかえされるなど激しい攻防戦が1週間続き、日本軍は学徒隊、住民も合わせて多くの死者を出しました。
米軍側も死者2662人、そして極度の精神疲労者を1289人出した末での制圧でした。

そしてここでの戦闘が激しかったことを物語るエピソードのひとつとして。
新都心が返還されたあと、1990年に磁気探査を行い不発弾の撤去作業に着手。
すると、掘り出された不発弾の数は、砲弾が約2千発、小銃弾は約1万2千発にも上がったそうです。
何が恐ろしいって、牧港住宅地区だった時アメリカ人は大量の不発弾の上で生活してたってことです。
そして知り合いのおじさんは不発弾の上でオフロードバイクを乗り回してたって事です。
こわっ!!(笑)

因みに沖縄では今でも不発弾が出てくるので、不発弾を探す「磁気探査」という仕事があります。(正確には不発弾を探す専門ではないと思いますが)
知り合いにこの磁気探査の仕事をやってる人がいて、次の現場どこね?って聞いてもあまり教えてくれなくて、もしかすると言ったらダメみたいな決まりがあるのかな(笑)

まぁ“マンションの工事をしてたら不発弾が大量に出て工期が遅れてる“なんて話もちょくちょくありますし、不発弾がめっちゃ出てきた土地に住みたくない!って気にする人もいるかも知れないしね。

・・・今度詳しく聞いてみよ(笑)

シュガーローフから見た新都心


新都心の現在

それともうひとつ新都心のお話。
那覇の中心地(久茂地など)のほとんどが、那覇空港の制限表面区域というのにかかっていて、あまり高い建物を建てることができません。
しかし、新都心はその区域外なのでその心配が無く、そのおかげなのか新都心に建つダブルタワーマンションは、沖縄で1番高い(おっきい)マンションと言われています。
因みに30階建てです。

最後に・・

今ではあまり昔の面影を見ることができなくなったほど発展を遂げた那覇新都心地区。
僕が免許取り立ての頃はまだ今ほど発展してなくて、少し路地に入るとあまり街灯も無く人通りも少ない場所が多くて、そこで女の子に悪さをする輩が出没するという“噂“が耳に入ったことがありました。
今ほどインターネットも普及してない時代。
那覇の情報が中部に住む僕の耳に届くなんてただ事じゃない!なんて思い、速攻で友達何人かと新都心を夜な夜な初心者マークをつけた車でパトロールした覚えがあります。
連日連夜、男数名で目をギラつかせながら犯人探し。
まぁ結局犯人らしき人物は見つけきれなかったし、その噂が本当だったかのかも結局わからないですが、今考えると俺たちの方がよっぽど犯人っぽいよね(笑)

今でも新都心を通るとふと当時の思い出が蘇ります。

かいたひと
ゴリラ勇介

沖縄で「ゴリラコーポレーション」というコンビで芸人をやっています。
普段は漫才やコント、新聞での執筆活動、ラジオで喋るのも聴くのも好きで、ラジオ沖縄では「people wave α」という番組もやりつつ、タイムテーブルでラジオコンシェルジュを執筆しています。RBCiラジオでも「只今いきものんちゅ」という番組をやっています。

ゴリラ勇介をフォローする
米軍基地
スポンサーリンク
ゴリラ勇介をフォローする
沖縄芸人 バスガイドブログ
タイトルとURLをコピーしました